ズボラレシピ

男の子にも!誕生日の髪飾りにバースデーハットがおすすめ♪簡単な作り方をご紹介

簡単バースデイハットの作り方

先日、ついに次男が1歳の誕生日を迎えました。長男の時は、もっと長く感じていた0歳という時期が、本当にあっという間に過ぎていきビックリです。

誕生日というと、長男の1歳の誕生日から毎年作り続けているものがバースデーハットです。バースデーハットというと、フェルトで作った可愛らしい王冠やケーキ型の帽子などが主流だと思うのですが、我が家の場合は私のヅカオタの血が騒いで一味違った仕様になっています。

作り方も簡単ですし、女の子はもちろん男の子でもかっこかわいくかぶれるバースデーハットは誕生日と言わず、発表会やハロウィンなどのイベントなどにもおすすめです!

ということで、今回は男の子でも女の子でも可愛くかぶれるバースデーハットの簡単な作り方をご紹介します。

息子たちの誕生日に作ったバースデーハットの実際の写真

まずは、我が家の歴代のバースデーハットを紹介させてください。

バースデーハット長男1歳誕生日

こちらは長男が1歳の誕生日のときに、たまひよの写真スタジオで記念撮影をするので作ったものです。前日にふと思い立ち、家にある材料だけで作ったのですが気合が入りすぎてゴテゴテしてしましました。赤い帽子にしたかったので、チェック柄の帽子の上に赤いフェルトを貼り付けました。数字の部分は、ロゼット風です。

バースデーハット長男2歳誕生日

長男が2歳の誕生日のときに作ったバースデーハットは、蝶ネクタイと兼用にしました。年齢の丸いモチーフの部分にスナップボタンをつけて、帽子にもシャツにもつけられるようにしました。帽子は短い時間しか被っていなかったので、結果的に良かったです。

バースデーハット次男1歳誕生日

そして、こちらが先日次男1歳の誕生日のために作ったバースデーハットです。

かなりシンプルな作りになりましたが、帽子が増えてきたので、この帽子の部分だけ、次回も使いまわせないかな?と、試しにボンドやグルーガンなどで接着せずに作ってみました。

接着せずとも、しっかりと形はキープしていたので良かったです。

バースデーハットの材料

それでは、バースデーハットの材料をご紹介します。

土台の帽子は、私はいつも近所の手芸店のユザワヤで300円くらいで買ってきます。ネット上だと『ミニハット』と検索すると出てきます。こんな感じのやつです。

裏側にはクリップがついていてて、髪の毛に挟んで使います。

ミニハット裏側クリップ部分

飾り付きで売っているものがほとんどなので、飾りをそのまま利用してもいいですし、男の子の場合は飾りをとると、シンプルにかっこいい感じになります。

バースデーハットの材料ミニハット

このミニハットの部分は、ハロウィンやクリスマスシーズンなどは100均でもカチューシャ付きやヘアピンつきで売っていたりするので、時期的にありそうな場合は近所の100円ショップなどもチェックしてみるとよいと思います。

帽子以外の材料は、帽子をデコレーションするためのものです。私はいつか使えると思ってとっておいたちょっと素敵なリボンや手芸材料のストックなどを使っていますが、これももちろん100均で調達できます。

バースデーハットのデコレーション材料

数字のモチーフ部分ですが、これは写真のものはフェルトにビースやダイヤレーンで刺繍しています。長男の1歳の時の数字は、両面テープにビーズを貼り付けただけです。この部分は、数字でなく名前やHAPPY BIRTHDAYの文字でもよいと思いますし、ロゼットや、ワッペンなどを貼るのも可愛くておススメです。

男の子の誕生日におすすめ!クールなバースデーハットの作り方

それでは1番シンプルな、バースデーハットの作り方を写真でご紹介します。これは接着剤などを使用しないで作るパターンですが、しっかりと固定したい場合は両面テープやグルーガンやボンドなどを使って接着してください。

簡単なバースデーハット作り方の図解
  1. ミニハットの付け根部分に好きなリボンを巻いて、リボンの端を両面テープなどで止めます。
  2. ラインになるような紐をリボンの下の線に沿って巻き付けて結びます。
  3. さらにもう1本、今度はリボンの上の線に沿って巻き付けて結びます。
  4. 羽飾りなどを、紐やリボンの中にはさみます。
  5. 結び目を隠すように、数字モチーフのブローチをリボンにとめます。
  6. 完成です!

土台の帽子を好きなように飾りつければ完成です。材料さえあれば小一時間でできちゃいます。


今回ご紹介したのはかなりシンプルなバースデーハットの作り方ですが、飾り方次第ではとっても華やかなものにもなります。

実は私は、自分の結婚式パーティの際もこのタイプのハットをかぶりました。ミニハットを、レースやパールで飾り付ければ女の子が被っても可愛いハットが出来上がります。

アレンジ次第でウエディングハットにも

まとめ

ミニハットをアレンジしたバースデーハットは、土台がしっかりしているので、作り方は簡単ですが、誕生日だけでなく発表会やハロウィンなどのイベント、ウエディングパーティなどいろいろなシーンで使えます。

ハット裏側がクリップなので、ある程度髪の毛が生えている赤ちゃんでしたら頭のサイズに関係なくかぶれるのでおすすめです。

ちょっと変わったバースデーハット、気になったという方がいらっしゃたらぜひ試してみてください♪