お出かけ情報

スカイツリー「こどもの湯」に行ってきた!0歳の料金は?割引は?

こどもの湯に行ってきた感想

先日、東京スカイツリーへ遊びに行ってきました。土曜日ということもあり、スカイツリーの当日券は購入までに40分待ち。。。ということで、スカイツリーはスッパリあきらめて東京ソラマチで遊んできました。

今回は、その中でも東京こども区「こどもの湯」というボールプールがある遊び場について、公式ページでは見つけられなかった0歳の料金やお得な割引情報、土日の混雑状況など、私が行く前に知りたかったことをレポートしたいと思います。

「こどもの湯」の基本料金は?0歳は?

我が家は大人1名・3歳児1名・0歳児1名の合計3名での利用だったのですが気になるのは0歳の料金でした。(→0歳時の料金について2019年3月詳細を追記しました

実は「こどもの湯」の利用は今回で2回目になるのですが、前回の訪問時は夫が長男のみを連れて入ったため、私には全くの未知の世界。。。まずは公式HPを確認しました。

「こどもの湯」の基本料金について

以下がホームページ記載されていた基本料金です。(2018年6月27日現在)

最初の60分 延長30分毎に
小人(小学2年生以下) 1,200円 600円
中人(小学3年生~15歳) 600円 300円
大人(16歳以上の保護者) 600円 300円

公式ページを端から端まで読んでみたのですが0歳の子の料金については確認できませんでした。これは、小人の金額がかかるかもしれない…と覚悟を決めていざ入場受付へ。

「こどもの湯」の0歳児の利用料金について

結論から言うと我が家の場合は、0歳児は無料でした。ただしこれには条件があって兄弟が一緒に入場する場合に限るとのことでした。なので、我が家の場合は3歳のお兄ちゃんと一緒に入場しているため、0歳児の下の子は料金がかからなかったようです。

0歳児のお子さんのみと保護者で入場する場合は、0歳児も小人区分の料金が発生するということなので注意が必要です。(2019年3月にお店に確認

このことは、このブログを見てくださった方から教えていただき気づくことができました。貴重な情報をありがとうございました。

我が家が訪れた日は、土日ということで混雑していたため、並んでいる段階で利用人数・年齢・会員カードやJAFカードの有無などヒアリングされ、それらを記入した紙を渡されました。その紙の年齢区分は、0歳・小人・中人・大人とありました。

実際に会計をした際のレシートには0歳児0円の記載がありましたが、今考えるとこれは上の子と一緒に入場したから無料になったのであり、0歳時のみでの入場の場合は小人区分の料金が適用されるようです。

「こどもの湯」をお得に利用する方法は?割引は?

いざ利用するとなったら、やっぱり少しでもお得に利用したい!と思うのが主婦ごころ。。。ということで初めて利用する際でも利用できる割引などを調べてみたところ、以下の3つの方法がありました。

  • 利用する大人がJAF会員であり会員証を持参する
  • 平日限定で1時間以上遊ぶ場合2時間パックを利用する
  • 会費300円を支払って会員になり会員割引を受ける

以下、詳しく説明していきます。

JAF会員割引を利用する

入場の際にJAFカード持参の有無を聞かれました。JAFカードを持っていると、会計時にJAF会員証を呈示することで、会員本人のみ大人の利用料から100円割引になるそうです。

私はJAF会員ではないのでこの割引を受けられなかったのですが、会員の方はぜひ会員証を持って行ってみてください!

パック料金を利用する

平日限定ですが、パック料金の設定がありました。(ただし、学校・幼稚園の長期休暇期間は利用不可)

2時間パック(平日限定)
小人(小学2年生以下) 1,800円
中人(小学3年生~15歳) 900円
大人(16歳以上の保護者)

平日ならば、1時間以上遊ぶ場合はパック料金にしておくとお得ですね♪ちなみに、会員になるとパック料金からも1割引になるようです。(※会員割引については次の項で詳しく説明します)

会員割引を利用する

会員費300円を払って会員カード(1グループにつき1枚でOK)を作ると入場料金・延長料金・平日限定2時間パック料金が1割引になります。ということで、3,000円以上支払う場合は当日、元がとれちゃいます

そう!元がとれちゃうんですが、そんな簡単な計算も子供を2人連れてあたふたと手続きに追われているととっさにできず、私は会員カードを作ったものの、当日は元がとれませんでした。(くやしい!)

ので、利用する前に金額の比較をするとよいのですが、そもそも料金を計算するのが面倒くさい!ので、Excelで簡単な料金早見表を作ってみました。

 

こどもの湯料金早見表

見づらい表で申し訳ないのですが、まずは利用時間を決めます。①1時間利用②1時間半利用・パック料金(平日限定)利用③2時間利用の3パターンの料金表です。

大人(16歳以上の保護者)と中人(小学3年生~15歳)は同じ金額なのでその合計人数と、小人(~小学2年生)の人数の交わるところに、当日入会した場合の金額の合計と、入会しなかった場合の差額料金を載せています。

赤字は余分にかかってしまう金額ですが、このパターン以外ならば、当日入会費300円を支払って会員になったほうがお得です。

カードの発行自体は簡単で、個人情報などの書類の記入はなく、カードに代表者(大人)の名前を書くだけでしたので、お得になるようならば作るのがおススメです!

「こどもの湯」にいざ入場!利用する際の注意点は?

入場料金も払って、荷物を預けるロッカーのカギや入館証ももらっていざ入場!その前に、いくつか注意事項がありました。これは、公式ページにも載っていますし、入場前にもスタッフの方から説明があります。

  • 必ず保護者(16歳以上)の付き添いが必要
  • 小人同士・小人中人・中人同士の利用は不可
  • 大人1人・大人同士の利用は不可
  • 中人のボールプールの利用は不可
  • 飲食物の持ち込み不可
  • 施設内にトイレ・オムツ替えスペース・授乳室はないので事前に済ませておく

主な注意事項はこんな感じでした。ボールプールについては、小人と付き添いの保護者のみ利用可でした。広いとは言っても、小さな子供が多いので安全のためのようです。

ただ、そうなると、メインのボールプールが利用できない小学3年生~15歳の子供についてはお祭り広場しか利用できないことになりますので、この施設自体がおそらく小学校2年生までの子どもを対象とした施設なんだろうなと感じました。

トイレについては、一時退場して行くこともでますが、その間も課金されてしまいます。トイレ(オムツ替えスペース有)は「こどもの湯」のすぐ近くにありますので、ぜひ入場の前に行っておくとよいと思います。

「こどもの湯」利用した感想

「こどもの湯」の中に入ると、そこには本物そっくりなボールプールの温泉が広がっていました。巨大なボールプールの中には、亀さんの乗り物や、トランポリン、大きな滑り台など、子どもが喜ぶしかけが盛りだくさん!これは大人の私でもテンションが上がります。長男(3歳)は大喜びでボールプールの温泉に浸かって遊んでいました。

巨大なボールプールの他にも、0歳~2歳専用の小さなボールプールがあるので、我が家の次男(0歳)も安心して遊ばせることができました。お祭り広場では屋台ごっこができたり、有料ですが手裏剣遊びや、射的があったり、アイスや飲み物の販売もあったりと、とにかくこどものツボをおさえた素敵な遊び場でした。

大人についても有料のマッサージチェアや、漫画や雑誌の用意があるお座敷スペースがあるのですが、正直、子どもが3歳くらいだと目を離すことができませんので、残念ながら利用できませんでした。

土日の混雑状況は?

今回、我が家は土曜日の午後3時ごろから1時間利用しました。混雑状況ですが、入場の際に並んではいましたが、中に入れば圧迫感もなく、0歳の次男が遊んでいても危なくないくらいの程よい混み具合でした。

ボールプールゾーンの他に、お祭り広場の屋台ごっこや有料の手裏剣コーナーも並ばずに遊べたのでよかったです。

東京ソラマチやスカイツリーは、どこに行っても座れないほど混雑していたので、上の子を遊ばせるにも、下の子を休ませてあげるにもちょうど良い感じでした。

以下、2019年3月追記情報です

お店に直接確認したところ、土日はやはり混雑するが、昼前、もしくは夕方ならば他の時間帯に比べて空いているとのことでした。

利用時間はどのくらいになる?

利用時間についてですが、ほどほど混雑している中でも、1時間あればボールプールに、お祭り広場と十分に遊ばせることができました。

ただ、子どもは何時間でも遊んでいられそうでしたので、平日空いている時に利用するならば、2時間パックもありかなと感じました。

利用している年齢層は?

利用されているお子さんの年齢層ですが、私が行った時には、1歳~幼稚園の年長さんくらいのご家族が多かったように思います。一番大きいお子さんでもボールプールを利用されていたので、恐らく小学校低学年のお子さんだったのだと思われます。

また、お母さんがお買い物をしている間にお父さんとお子さんで利用されているご家族が多いようにも感じました。(うらやましい!)

退場時の流れ

まず退場時間ですが、スタッフの方からの声掛けなどはないので、保護者が時間を気にしている必要があります。自分で決めた退場時間になる数分前にロッカーのカギと入館証(レシートに時間が打刻してあるもの)を受付に返却して、延長がある場合は精算します。

そして、ここで最後に子どもはコインを貰ってガチャガチャをまわすことができるんです!子どもってガチャガチャ大好きですよね!

中には、ラムネと、次回利用できるスーパーボールすくい1回無料券が入っていました。他の方の口コミを見ていると、中には次回利用できる入場割引券もあるとか。。。

とにかく、最後まで子どもが楽しめる施設でした。

まとめ

普段利用する他の遊び場に比べると、若干利用料が高めな設定な気がしますが、長男(3歳)は毎日「今日もこどもの湯に行こっか?」と言うぐらい大満足でした。

場所柄、東京ソラマチやスカイツリー、すみだ水族館なども行けちゃいますので、検討されている方はぜひ楽しんできてください♪

  • 0歳時の入場料は上の子(兄弟・姉妹)と一緒に入場の場合のみ無料
  • JAF会員はカード持参で割引に
  • 会員になる時は金額を比較してみる
  • 小学校3年生以上の子どもはボールプール利用不可
  • トイレやオムツ替え、授乳は事前に済ませてGO!
トーマスランドをレポート!
入園無料で新料金体系のトーマスランドをレポート!待ち時間やパスポートの元の取り方も検証!2018/7/14(土)から富士急ハイランドの入園料が無料になりました。大人(中学生以上)が1,500円、小人(3歳~小学生)が900円...
横浜アンパンマンミュージアム混雑回避の回り方
土日の横浜アンパンマンミュージアム!混雑回避できた回り方を詳しくレポート我が家の0才3才Boysが愛してやまないアンパンマン。 「そういえばアンパンマンミュージアムって1才から入館料かかったはず!次男が...
藤子・F・不二雄ミュージアム14時入館子連れの回り方をレポート
土日14時入館!0歳3歳児と藤子・F・不二雄ミュージアムを楽しむ回り方をレポート!平成最後の夏休みは、新旧ドラえもんの映画版を完全制覇したズボラ母です。実家に帰省したものの、あまりの猛暑に息子たちをほとんどどこにも連れ...