ズボラレシピ

【ズボラ手芸】超簡単な実物大型紙の写し方ー100均セリアのプラバンを活用♪ー

超簡単!プラバンで型紙を作ろう♪
ズボラ母
ズボラ母
今日もふらりと入った本屋で手芸本を買ってしまった手芸オタクのズボラ母です。

手芸は大好きなんですが、何といってもズボラな私。実物大の型紙を写すことが面倒くさくて苦手です。

模造紙やトレーシングペーパーを買ってくるまではいいのですが、そんなに大きい紙を広げるスペースを確保するのも難しいですし、確保できて広げられたとしても秒速で0才次男の餌食になります。

ということで最近は型紙がなくても作れるものばかり作っていたのですが、毎度おなじみ100円ショップのSeriaを散策中にひらめきました!

プラバンで簡単に型紙を写してしまおう!

使うのはこちら、100円ショップで手に入れたプラバンです。Seriaで購入したのですが、大きさ、薄さともに種類がありました。

セリアのクラフトプラバン

A4サイズが一番厚みがあり、下敷きくらいの固さでした。ちょっと切りにくいですが、丈夫ですしその後布地にもなぞって写しやすいです。

サイズが上がるにつれて0.1ミリずつ薄くなっていきますが、写し取りたい実物大型紙の大きさに合わせて選べばよいと思います。

ちなみにこのシンプルスタイの型紙はA4サイズに収まりました。赤ちゃん用のかぼちゃのパンツの型紙はB4サイズを2枚使うことになりました。

プラバンで型紙を写す利点

  1. 透明なので写しやすい
  2. 適度な大きさである
  3. プラスチックなので下の型紙を傷つけない
  4. 強度があるので破けたり折り目がついたりしない

今まで型紙が必要な場合は、手軽に手に入る100均の模造紙を使っていました。手芸用のハトロン紙より少し厚みがあるので写す時に下の型紙の線が見えづらいことが難点でした。

その点プラバンは透明です!ど近眼の私でも下の線がくっきりはっきり見えます。

また、模造紙のように大きな紙を広げなくていいので紙ビリビリ遊びが大好きな次男(0才)の餌食にもなりません。最大でB4サイズなので写し取りたい型紙の上に、さっと置いてさっと写しとれます。

プラバンは、写し取る際に下の型紙を傷つけることもなく図書館で借りてきた本についてる実物大型紙を写しとるのにも最適です。

強度もあるので、できあがった型紙は折り目がついたり破けたりすることもなく長期保管にも適しています。

プラバンで型紙を写す難点

  1. 大きいものを写し取るのには向いていない
  2. 切った後は角などがとがっているので手を切らないように注意(特に小さい子どもがさわらないように注意)

100円ショップSeriaで売っているプラバンの中の一番大きいサイズがB4サイズでした。そのため、それ以上の大きさのものを写すのには向いていません。

テープでつなげて写し取ってもよいと思いますが、主に小物制作や赤ちゃんや幼児用のものを作るのに適しています。

また、プラスチックの板なので型紙を切ったあとのプラスチック片や、型紙の角の部分などは紙よりもとがっています。子どもが触ってけがをしないように注意が必要です。

簡単!プラバンに実物大型紙を写す方法

それでは手順をご紹介します。用意するのは以下の3つです。

  1. 100均で手に入れたプラバン
  2. 油性マジック
  3. 写し取りたい実物大型紙
プラバン型紙の材料

型紙を広げて、写したい部分の上にクラフトプラバンを重ねます。

型紙の上にプラバンを置く

マジックで必要な線や説明を写し取って切り取れば完成です。

プラバン型紙のできあがり

布の上に置いて輪郭をなぞれば簡単に布へ写し取りができます。

プラバン型紙をなぞれば簡単に転写できます

布へ写し取る際は、水で消えるチャコペンなどがあると便利です。

まとめ

私は服飾専門学校に2年間通っていた時期がありました。そんな私が今では、型紙を引くどころか写すのすら面倒になったとあってはきっと当時の先生もがっかりしているでしょう。

しかし、プロとして制作するのでなく趣味の範囲で楽しむのであれば、楽ちんで簡単にできる方法が1番だと私は思っています。

ベビー小物や雑貨小物などの制作で、私のようなズボラな性格の方にはぜひ試してみてください♪

ちなみに今回私が本屋で一目ぼれして買ったのはこちらの本になります。かぼちゃのパンツが可愛いです!